ツライ睡眠障害は治せる!自宅で出来る簡単セルフケアまとめ

つらい睡眠障害はなおせます!
スポンサーリンク

睡眠障害は今や特別なものではありません。現代日本人の5人に1人が「眠る」という事で悩んでいて、質の高い睡眠を取れていないと自覚しています。睡眠障害はうつや様々な生活習慣病を合併するリスクの元になる可能性があるので、病院に通うという選択肢の前に、自分で見直せる日常の生活から改善をはじめてみましょう。

起立性調節障害で悩む子供が急増中?親として知っておきたい病気(睡眠障害)のこと

子供が朝起きない、だるい、目まいがするという症状を訴えたら、起立性調節障害を疑った方がいいかもしれません

一昔前であれば、朝起きれない、学校に行く気になれないと言うと、「ただやる気のないだけ」と見られてしまいがちでした。しかし、起立性調節障害という睡眠障害が一般的になりつつある現代では、この病気ときちんと向き合うことが重要とされています。

起きれない、起きた直後の記憶が曖昧、でも午後になるとすっかり元気になる…これらの症状に心当たりがある場合は、起立性調節障害を疑いましょう。

この病気は、親の勘違いと子供の反発心から、親子関係がぎくしゃくする原因にもなり兼ねません。大切なのは親として子供の症状を理解してきちんと向き合うこと。正しいケアでほとんど気にならないレベルにまで改善できる病気です。

記事ページ → 起立性調節障害はこんな症状!睡眠に悩みを抱える子供たち

睡眠相後退症候群は睡眠のリズムがずれて夜中まで寝付けない障害です

睡眠相後退症候群は夜遅くまで寝付けず、朝起きられない睡眠障害

夜遅くまで眠れない(寝付けない)ことで、朝は起きることができない…体の中のリズムが狂ってしまっているのが睡眠相後退症候群の特徴です。

わざわざ睡眠のリズムが崩れたことで病院を受診する人は少ないので、気付いていないだけで睡眠相後退症候群の症状が出ている人も多いのです。夜遅くまで眠れない、なかなか起きれない、体内のリズムが狂っているかも?と感じたら、普段の生活を見直すところからはじめてください。

不登校児にも多いと言われているこの睡眠障害について掘り下げて見てみましょう。

記事ページ → 睡眠相後退症候群は不登校の原因!?原因と対策のまとめ

寝方ひとつで睡眠の質が劇的に変化!睡眠障害改善のために自分に合った姿勢で眠ろう

人それぞれ適切な寝方は違う!正しい寝方で快眠を手に入れましょう。

きちんと睡眠をとっているのに、疲れが取れにくかったり、肩こりや腰痛になったりした経験はありませんか?いびきが酷くて睡眠が浅くなってしまうなんていう人もいるはずです。

そんな時、自分に合った『寝方』に変えるだけで、快眠を得られて悩みが解決するというケースもあります。今まで寝付きが悪かったり、夜に目が覚めてしまうと悩んでいた人も、寝方を変えただけで劇的な改善を得られたという事例もあります。

では、自分に合った適切な寝方とはどんなものなのか?抱えている睡眠時の悩みから判断することができますので、是非自分にぴったりの姿勢を見つけてください。合わせて、それぞれの寝方をサポートするグッズもご紹介しています。

記事ページ → 寝方は人それぞれ変えるべき!自分にぴったりの姿勢を見つける方法

むずむず脚症候群で眠れない人は原因を知って予防と対策を

辛いむずむず脚症候群の原因と対策について解説します

寝ようとしたら、足がむずむずしてきて眠れない。職場や学校でも集中したいのにむずむずが止まらなくて全然集中できない。

そんな時には「むずむず脚症候群」の可能性を疑った方がいいかもしれません。放っておくと精神疾患を招いたり、重大なリスクの原因となる可能性も…。すぐに病院で診察を受けて、適切な対処をすることをおすすめします。

こちらでは、むずむず脚症候群の原因と対策についてと、予防するために摂っておきたい栄養成分について詳しく解説していきます。

記事ページ → むずむず脚症候群は実は怖い病気!知っておきたい原因と対策

睡眠薬や睡眠導入剤との上手な付き合い方とは?

睡眠薬は医師に処方をしてもらって用法・用量を守れば睡眠の質を向上してくれるお薬です

睡眠薬って飲みすぎると危険?怖い薬なの?と思っている人も意外と多いのですが、医師に処方された薬を正しく飲んでいる分には、怖い薬ではありません。むしろ、乱れた睡眠のリズムを整えて快眠へといざなってくれるお薬です。

ではなぜ怖いイメージを持たれているのでしょう?それは、海外から個人で取り寄せた強い薬を飲んだり、用法・用量を守らずに勝手に量を増やしたり、自分の症状に会っていないものを飲んでしまった時の症状をインターネット上などでよく目にするから。

睡眠薬を使いたいと思ったら、自分の体のことをよく理解してから、必ず医師に相談して正しい処方をしてもらうようにしてください。

記事ページ → 睡眠薬は怖い?飲む前にチェックしておきたい薬と体のこと

早めの治療がおすすめ!睡眠時無呼吸症候群は放置しておくとリスクがいっぱい

睡眠時無呼吸症候群は放置しておくととっても怖い病気です

いびきがひどいと思ったら突然音と共に呼吸が止まってしまう、睡眠時無呼吸症候群。家族やパートナーから「寝ているときに呼吸が止まっているよ」と指摘されたり、逆に周囲にそういう人がいたら注意が必要です。

呼吸が止まってしまうことで様々なリスクが伴うので、なぜ睡眠時無呼吸症候群の症状が現れるのか、その原因と対策方法をチェックしてすぐにでも治療を開始する必要があります。

ここでは自宅ですぐに始められるセルフケアから、病院で実施できる各治療方法の解説をしています。放置しておくととっても怖い睡眠障害なので、自覚症状がある人は早めにチェックしてください!

記事ページ → 睡眠時無呼吸症候群の原因と対策!いびきが止まる人は要注意

看護師さんは睡眠の質を低下させないように日々の生活習慣を見直しましょう

看護師さんは睡眠の質を上げるために日頃の生活を見つめ直して規則正しい生活リズムを手に入れるようにしましょう

時間帯も不規則な上、何かとストレスの溜まりやすい看護師のお仕事は、当然激務ですし寝不足になりやすいことでも知られています。しかし、寝不足のまま仕事をしてしまうと集中できずにミスに繋がったりしてしまいますよね?

短時間しか眠っていないから寝不足、きちんと寝たはずなのにスッキリ起きられないし眠気やだるさが取れない、仕事中も頭がぼーっとして集中できない、などの悩みを感じたまま看護師さんのお仕事をされている方は注意が必要です。その睡眠の質の低下をそのまま放置するのはとっても危険!

短い睡眠でもぐっすり眠るためには?朝スッキリ起きるためには?仕事中に集中するにはどうしたらいい?そんな疑問に答えていきます。看護師さんに限らず、不規則な生活になりがちな方も是非参考にしてください。

記事ページ → 慢性的な睡眠不足の看護師さんにおすすめしたい疲れが残らない睡眠方法!

不眠症の主な原因と対策について知ることで睡眠の質を向上させる

不眠症の原因・対策・改善法について解説します

現代人の日本人の20%が不眠症と言われていますが、その原因や症状は様々です。

ただ眠れないだけだし…と放置をしてしまうと、蓄積された疲労やストレスが少しづつ体に影響を及ぼすようになります。

学校の勉強に集中できない、仕事中にやる気が出ないなど、日常生活に支障をきたす前に不眠症の原因を知り、正しい対策や改善策を講じるようにしてください。

記事ページ → 不眠症は日本の成人の20%超!正しい原因と治し方のまとめ

隠れ睡眠障害も多くなっているので要注意!快眠でスッキリするには質を上げることが何より重要

名前
睡眠障害って病気でしょ!?

  • 治療のためには焦らずリラックスが大切
  • 原因と対策をきちんと理解しましょう
  • グッスリ眠れる日は必ず訪れます!

病気と聞くと焦ってしまう人も多いですが、睡眠障害は『原因と対策』をしっかり理解して対処すれば治すことができます。ぐっすりと快眠できる健康的な体を手に入れましょう。

寝れない、起きれないといった悩みをはじめ、脳と体のリズムが崩れてしまうと、体調に様々な支障をきたすようになります。

仕事が忙しくて日中疲れが抜けないと思っている人も、実は睡眠障害によって睡眠の質が低下している事に原因があるかも知れません。最近寝付けないな?朝起きれないな?夜寝苦しくて目が覚めてしまうな?と感じることが多くなってきたら、日頃の生活を見直すところからはじめてみましょう。

当サイト、ねむけんでは『睡眠障害』をサポートするおすすめグッズや、より質の高い睡眠を手に入れるための秘訣などをお届けしています。気持ちよく熟睡できるようになるために、是非ご活用ください。

トップメニュー:睡眠の質は睡眠薬に頼らなくても上がる!快眠&熟睡のために覚えておきたいこと

サイトマップ

スポンサーリンク

情報が役立ったらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です